手術室看護師求人(オペ看)
手術室看護師求人(オペ看) > オペ室看護師求人 > 土日祝休みが多いオペ室看護師求人
看護師転職の条件

土日祝休みが多いオペ室看護師求人

土日祝休みで働くためのオペ室看護師求人

土日祝休みのオペ室で働きたい」とお考えの看護師さんへ。

土日祝日が休みだと、プライベートのスケジュールを立てやすいですよね。

特に現在、土曜も日曜も働いていたり、祝日に夜勤シフトが入る病院にいれば、

「土日祝日はしっかり休みたい!」

と自然に考えるのではないでしょうか。

会社員の友人や恋人が土日休みでも、あなたが休めなければ、なかなか予定を合わせられませんよね。

その結果、関係が疎遠になってしまうこともあるでしょう。

特に女性の看護師さんは「仕事とプライベートのバランスを取りたい」と考える機会が多いと思います。

独身時代もそうですし、結婚後は育児と仕事の両立がテーマになることもあります。

しかし土曜、日曜、祝日出勤の看護師求人が多いのも事実です。

そこでオペ室看護師ですね。

予定オペ中心なら土日祝休みで働きやすい

オペ室勤務のナースは『土日祝休みで働きやすい』というメリットがあります。

ただし予定オペ中心の手術室です。

予定オペとは、事前に手術の日程が決まっていて、十分な準備をしたうえで行うオペですね。

主に平日の日勤帯に組まれるので、緊急オペが入らなければ土日祝休みで働きやすいですよ。

他にも、予定オペが中心なら、術前~術後の流れが決まっているため、『残業が少ない』というメリットもありますね。

手術室看護師はコミュニケーションスキルに加え、集中力、精神力、論理的思考力が必要ですが、一定のリズムで休むことで回復力が早まるのではないでしょうか。

日勤と夜勤を交互に繰り返す場合、どうしても集中力が落ちていきますからね…。

ひとつのミスが患者さんの命に直結するのが手術室ですから、常に緊張感を持って臨む必要がありますし、そのためには土日祝が多い病院求人の方が良いと思います。

ただし、以下のような手術室は土日祝の出勤も多いようです。

・緊急オペが中心の手術室
・予定オペと共に緊急オペが多い手術室

緊急オペを積極的に行う病院は、土曜、日曜、祝日にオペが入る可能性が高いんですよね。

あくまでも緊急ですから、常に土日祝出勤ではありませんが、オンコール待機が必要だったりします。

オンコール待機の場所は自宅、もしくは病院近くになるでしょうし、呼び出されればすぐに駆け付けなければなりません。

オンコール待機よりも土日休みたい

看護師さんの中には、『オンコール待機するくらいなら出勤して働きたい』と考えている方もいますね。

待機手当が支給されることもありますが、出勤して働く方が賃金は高いので当然かもしれません。

それにオンコールって、休みなのに休みの感覚がしないんですよね。

いつコールがあるか分からない、病院に呼び出されるか分からない、という緊張感がありますし、一時も気が抜けないものです。

それなら土日祝しっかり休んで、「平日だけペース良く働きたい」と考えるのも、やはり自然かなと思います。

実際に募集されている手術室看護師の求人を見ても、土日祝休み、残業なしの案件がありましたよ。

そのようなオペ室求人は人気が高いので、すぐに定員に達するかもしれません。

そのため、早めに看護師紹介会社へ会員登録して、担当者に希望を伝えて下さい。

無料登録のタイミングによっては、早期に紹介を受けられるチャンスもありますし、今後の新着求人・非公開求人の中に、『土日祝休み』のオペ室求人が募集される可能性もありますからね。