手術室看護師求人(オペ看)
手術室看護師求人(オペ看) > オペ室看護師求人 > 残業が少ないオペ室看護師求人
看護師転職

残業が少ないオペ室看護師求人

働きやすさを重視して、職場探しをしたい

残業の少なさ』を条件にオペ室看護師求人をお探しのあなたへ。

手術室を希望する看護師さんの職場への希望優先順位は様々です。

通勤しやすさ、自宅から近い病院、駅チカなど、立地条件を優先的に考える方もいれば、高給与、ボーナスあり、各種手当ありなど、収入最優先の方もいます。

育児中でしたら『託児所ありの求人』を中心に探すでしょうし、常勤以外にアルバイト、パートといった雇用形態の違いもありますね。

それと共に『労働時間』を最優先に考える方もいます。

このページをご覧いただいているあなたも、

「始業時間から終業時間まできっちり働きたい、残業は少なければ少ない方がいい」

とお考えではないでしょうか。

残業が多い病院で体調を崩していたり、あまりのハードワークに「もう残業はこりごり!」と思っていれば、自然に残業が少ない病院を希望することでしょう。

看護師求人全体の傾向として、残業が少ないのはクリニックや介護施設かもしれません。

しかしオペ室の経験が長かったり、看護師としてスキルを高めたい、幅を広げたい、という理由から、『職場の第一希望はオペ室』とお考えの看護師さんもいらっしゃいますね。

その場合、残業が少ないオペ室看護師求人、という軸で仕事を探して下さい。

看護師特化型の紹介会社を利用する

看護師
求人探しの方法としてオススメできるのは看護師紹介会社です。

看護師求人の多くが紹介会社に集まっていると言われますし、実際、紹介会社を利用して転職しているナースが多いですよ。

一般的な求人サイトでも看護師求人が掲載されていることがありますが、それよりもサポート体制が整っている紹介会社(看護師特化型)が良いです。

そのような専門型の紹介会社を利用すれば、

・ナース目線の転職サポート
・最新の看護師求人動向

を期待できますからね。

最初に「残業が少ないオペ室看護師求人を紹介して下さい」と伝えられますので、タイミング次第では、早期に紹介を受けられるチャンスもあります。

紹介会社によって常勤求人が多かったり、パート求人に力を入れていたりと細かな違いがありますので、1社ではなく、2~3社併用する方が良いですね。

緊急オペが少ない病院がおすすめ

手術室の残業が多い、少ないのイメージは、今までの経験によっても変わりますね。

あなたがお勤めされている病院や、以前働いていた病院はどうだったでしょうか?

1.手術室ナースの残業が多かった
2.手術室ナースの残業が少なかった

上記どちらかのイメージをお持ちだと思いますし、そのどちらの病院も存在します。

要するに、残業の有無は職場によって変わる、ということですね。

一般的に大学病院のオペ室は残業が多く、地域密着の専門病院は残業が少ないと言われます。

その理由に緊急オペの有無があるんですよね。

予約制で緊急オペが少ない病院は残業が少ないでしょう。

あらかじめ手術件数、時間帯が分かっていますから、予定外の残業は少ないと思われます(病院によっても違いますが)。

逆に緊急オペが多い病院は、どうしても残業が多くなるものです。

手術室ナースの人数に余裕があれば良いですが、器械出しの看護師の数が限られていれば、仕事が終わる直前でも、手術室に入らなければならないでしょう。

「もうすぐ仕事が終わる」と思った瞬間に緊急オペが入れば、すぐに気持ちを切り替えづらいかもしれません。

もちろん看護師として集中してお仕事をされると思いますが、疲労度は激しいのではないでしょうか。

その点、残業が少ない手術室は働きやすいので、積極的に探してみて下さいね。

求人の見つけやすさで言えば、専門病院より大学病院かもしれませんが、まずは紹介会社のコンサルタントに聞いてみて下さい。

大学病院や公的な病院の中にも、『残業少なめ』で働ける可能性がありますので。